Monday, August 27, 2012

Ruby-throated Hummingbird juveniles

Ruby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)の幼鳥がたくさん来ています。このところ毎日雨続きでしたが、今朝はからっと晴れました。晴れるのを待っていたのか、昨日まで居た成鳥のオスのうち3羽が今朝居なくなりました。まだ数羽残っていますが明日にでも成鳥のオスは皆居なくなってしまいそうな予感です。残っているのはメスと幼鳥がメインです。ということで、今日の可愛いハチドリ達です。


背中の緑が眩しいオスの幼鳥。喉に2つだけ赤いポチがあります。



こちらもオスの幼鳥。おでこに赤っぽい花粉つけてます。



こちらメス(の幼鳥)。



こちら、幼鳥ではありませんが、デジスコで飛んでいるところをどうしても取りたかったの。。。やっぱり飛んでいる鳥は一眼レフで撮るべきですねー。




Tuesday, August 21, 2012

Summer Tanager in late summer

Summer Tanager(ナツフウキンチョウ)のカップルは2羽の雛を育てる事に成功したようで、現在庭先に親鳥と、2羽の黄色い動きのおかしなナツフウキンチョウの雛達がやってきます。今日ご紹介するのは雛の一羽です。すっかり大人と同じ外観ですが。









彼らは9月いっぱいはまだこの辺に滞在して、10月になると中南米へと渡って行きます。それまでにしっかり栄養つけて長距離飛行に備えてほしいです。

Sunday, August 19, 2012

Northern Waterthrush

アメリカムシクイもだんだんと南下してきており、昨日はNorthern Waterthrush(キタミズツグミ)を見かけました。Northern Waterthrush(キタミズツグミ)とLouisiana Waterthrush(ミナミミズツグミ)は非常に良く似ています。写真は羽繕いしている最中なのでかなり分かり難くなっていますが、昨日見た鳥は微妙に顎下にツブツブ模様があるのと、眉毛がミナミミズツグミほど長く伸びていない事と、お腹の辺りが全体的に黄色みを帯びていたのでキタかな〜と。違っていたら教えてください。








ここで何となくミナミかなと思い始めたり。。。

野原で見つけた野生の花達。













Thursday, August 16, 2012

Humm Kebab


ハミケバブ。可愛過ぎて食べられない!!!生ですしねー。

Monday, August 13, 2012

Weekend birding

週末は相変わらずですが、近所の原っぱへ。8月も半ばになり何となく秋の雰囲気が出てきました。

Indigo Bunting(ルリノジコ)のオス。フォーカスが背中のふわふわの所に合っていますが、この週末唯一近めで撮れたもの。綺麗だった瑠璃色の羽根はそろそろ抜け替わって、メスと同じ様な地味な薄茶色になります(下のメス参照)。目元の羽根はすでに茶色。


ルリノジコのメス。草むらの低い所を移動中。


Ruby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)の幼鳥。ハチドリも庭先ではなくて野原で撮ると何故か可愛さがアップ。明るい環境っていいな〜。


こちら、所変わって薄暗い我が家の庭にて。そろそろアメリカムシクイの南下が始まっている感じの今日この頃。ちょこちょこ動くものをスコープで追ってみたら初めて見る鳥がいました。その名もWorm-eating Warbler(フタスジアメリカムシクイ)です。頭に2本のすじが見えますか?その前に小さ過ぎて鳥がどこにいるのかも分からないですか?といっても、私には黒が4本、黄色が3本に見えるんですが一体何がフタスジなのだろうと小さな疑問です。英名をそのまま訳すと『イモムシ食いアメリカムシクイ』みたいな。。。英名の方がインパクトあって可愛いかも。


最後にオマケで7月に巣立った第3弾のルリツグミの雛達。最近では自分で餌を捕れるようになりました。これはミールワームのフィーダーに4羽全部集まった所。どう見てもオス3羽でメス一羽(奥に顔だけ写っているのがメス)。第2弾の雛達は全部で3羽だったけどそのうち2羽がオス。メスの方が少なく産まれるんでしょうか?将来競争率高そうです。

Monday, August 6, 2012

Ruby-throated Hummingbird update

Ruby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)も早い個体だとそろそろ秋の渡りを開始します。我が家の周りではまだ喉の赤い(この記事の写真だとどう見ても黒いですが)オスの成鳥は今のところ今まで通り見られますが、ここに来てメスと幼鳥率がグンと高まってきています。

オスの成鳥。全身を覆う羽毛もくたびれてボロボロです。


別のオス。こちらも換羽の真っ最中で残ったふるい羽毛はスッカスカのボロボロ。


ノドアカハチドリはいつもヨレヨレと思われては可哀想!ということで、少し前の『ビフォー』写真です。くたびれる前のオスはこんなにシャキーンとしているんですよ。



メスの可愛いストレッチ。右伸ばして〜左伸ばして〜♪ ハチドリは翼のストレッチ運動まで可愛いのです。





可愛いってハチドリのためにあるような言葉だとつくづく思ってしまう私です。(とか言って、鳥をみると見境なく可愛いと思ってしまう私でもあります)

Sunday, August 5, 2012

Summer Tanager

久しぶりにSummer Tanager(ナツフウキンチョウ)です。このオス、春に我が家に到着と同時に頭の羽毛がどんどん抜けて行き、一時期は丸坊主だったのですがこの週末に頭の赤い羽毛がほぼ全部復活しました〜!ということで発毛(育毛?)記念の記事です。



もうちょっと羽毛が全部入れ替わるともっと綺麗になります。9月までには綺麗に変身するかしら。

ちなみに下の写真は追加ですが『ビフォー』です。これよりも更に抜け毛が進んで酷い状況の時期もあったのですが、さすがに写真に撮るには可哀想過ぎて記録に残っていません。でも、本当に病気とかじゃなくて良かった。安心。

Friday, August 3, 2012

American Goldfinch

バードバスにお水を飲みに来たAmerican Goldfinch(オウゴンヒワ)の頭がもさっとトンガリ風になっていて可愛かったです。こちらを伺うような仕草も可愛い♪


Thursday, August 2, 2012

Ruby-throated Hummingbird female

Ruby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)は最近とくにメスの数が増えてきました。メスの皆さん、子育てが終わって巣の周辺にへばりついている必要もないからかしら?なんて思っていますが真相はいかに。こちらは最近仲間入りしたメス。嘴の根元が結構ガッツリと傷ついていますが、今のところ特に大きな問題もなく、むしろメスの中で一番強いかも?と思わせてくれます。




反対側も傷ついてます。

8月になったので、そろそろオスの成鳥は南国へ出稼ぎに行きます。そうすると幼鳥や残ったメスなどがフィーダーに陣取るようになります。どんなハチドリ達がやってくるのか楽しみ♪