Tuesday, April 23, 2013

Eastern Bluebird update --Chicks fledged today!

Eastern Bluebird(ルリツグミ)の雛が今日の日中に巣立った様です。最初の写真はこの日曜日の夕方のものです。雛達は興味津々で外を眺めていました。2枚目は今日の夕方です。高い木の上にとりあえず3羽雛がいるのを確認。尻尾も短くて、まだヨチヨチしてます。3−5枚目は巣を掃除した際の中の写真です。白いものが写っていますが、どうやらこれは孵らなかった卵のようです。軍手して振ってみたけど、カラッカラで干涸びてました。卵産み始めた最初の2−3日は氷点下とかになっていたので、多分それで駄目になったのではないかと。最後の4枚は今回の餌ダイジェスト。お母さんルリツグミばかりですが、色々栄養を考えて雛に餌を与えているのが分かります。オスも撮りたかったんですが、とってもシャイなオスでほとんど写真を撮れませんでした。第2回目の子育てに期待しましょう!ということで、綺麗なスペアの巣を定位置に取り付けておきました。使った巣は綺麗に水洗いして消毒して天日干ししてからまた使います。

Photo from Sunday evening. Chicks were looking at outside curiously through the nest entrance.


 Photo from this evening. I was only able to spot three chicks.


 When I cleaned the nest box, I noticed there was something white left in the nest cup.


 It was an unhatched egg. Usually bluebird eggs are pale blue. I have seen white bluebird eggs once in the past. The brown spots on the egg are from feces.


 It was very light, and the inside of it seemed to have dried out completely. I remember that there were extremely cold days when the female started laying eggs. I guess that was the reason that this egg did not make it.












4 comments:

  1. 雛ちゃん無事巣立って良かったですね。
    何だか今年は早いって思っていたら私も今日ガーデンで
    雛1号発見したんです。今年は寒かったからって
    まだ寒いから思いもよらなかったですよ。
    やっぱりツグミ系でした。

    ところで残された巣って本当にきれいですよね。
    親鳥がきちんと掃除しているんですね。
    たまごのミステリーをきちんと解明されるなんて
    すごい。そんないきさつがあったのですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. shidekuboさん、ありがとうございます!
      おかげさまで、無事に巣立ってくれました。今日も高い木の上からビービー鳴き声が聞こえて来て、それが何とも和むんですよね〜。実は今年のルリツグミは去年よりも一週間遅いんです、一昨年と比べると、実は2週間遅かったりして。。。今年はこちらでは渡りもそうですが全体的に遅めです。ぜも、野鳥の中ではツグミの子育ては群を抜いて早いと思います。
      残された巣、今回も意外と奇麗で掃除が楽で良かったです^^ 親鳥は餌を与えると必ず糞をくわえて出て来ていました。卵、孵らなかった場合は最後まで壊れないで残っている事が多いそうです。雛がガサガサ巣箱の中で動いても壊れないって事は、卵が意外と丈夫なのか(でも触っただけで割れそうな感じでしたが)雛が思ったより軽いかってことですよね。

      Delete
  2. おめでとうございます!無事に巣立ったんですね。おしくらまんじゅうで外をのぞこうとしているアゴが、とってもかわいいです。離れているせいかヨソの子の成長は早く感じます。
    孵らない卵は人間が取り除かないといけないのかと思っていましたが、ちゃんと残されるんですね。自然のままでいいんですね。
    我が家のルリ子さんは相変わらず自分と戦ってばかりで、ちっとも巣に入る気配がありません。夏の子育ての大変そうなのを見ているだけに、涼しい時期に第一陣を、、って思っちゃうんですけれど^^;

    ReplyDelete
  3. kさん
    ありがとうございます!ルリツグミの子育ての一部始終を見ている我々にとっては、無事に巣立ったときの嬉しさはこの上ないですよね〜。孵化しなかった卵は取り除いた方がよい(取り除いてもよい?)と例のサイトに書いてあったような気がしますが、今回のカップルがあまりにも神経質なので最初から最後までノータッチにすることにしたんです。これが夏場で巣の中で卵が割れたりしたら臭いが悲惨なことになりそうですよね^^;

    今日もまた冷たい雨で、子育てしようとしている鳥達は寒くてちょっとやる気が削げてしまいそうな。。。鳥の言葉がはなせるのなら、自分と戦うルリ子さんに戦っているのはあなた自身なのに〜と教えてあげたいです。

    ReplyDelete