Wednesday, April 10, 2013

Myrtle Warbler

まだ居るの?という感じですが、Myrtle Warbler(キヅタアメリカムシクイ)も大分繁殖期の羽根に生え換わりました。前回の記事と比べてみるとよく分かりますが、目の周りと胸の辺りの黒い羽根がはっきりしてきています。















話は変わりますが、少し前にほんの数日間だけアメリカ国内を一人旅してきました。目的はもちろん野鳥観察です。直線距離的にはNCからそんなに遠くないんですが、飛行機2回も乗り継ぎして待ち時間含めると、片道トータルで16時間かかってます。その後さらにレンタカーで空港から目的地まで2時間弱のドライブ。写真からどこに行ったか分かる方が居たら。。。コアですね。

4 comments:

  1. このパンダちゃんはキヅタちゃんの夏仕様だったのですね!昨日「似ている鳥がいるけど顔が違う?新種か!」と思っていたところでした。
    アメリカ一人旅はどちらでしょう・・・見当付きませんが真ん中のほうですよね?

    ReplyDelete
    Replies
    1. kさん
      今日は随分とまた暖かくなりましたね!適温という状況がほとんどなく、冬からいきなり夏になっているような気がしませんか!?
      パンダのキヅタちゃん、パンダ顔が可愛くなってさあ撮ろう!と思うと、北へ渡って行ってしまうんですよね〜。我が家の周りでも今朝はいたのに今晩は一羽も見かけませんでした。皆去ってしまった様です。。。
      一人旅は、そうです。アメリカのど真ん中です^^

      Delete
  2. アメリカのど真ん中? はカンザスですが鳥見に行ったのなら
    ネブラスカの方でしょうか?なんてさっぱりわかりません。
    でも雲ひとつない空、乾いた大地。アメリカにまた行ってみたい!

    最新アップのシリーズ、参りました~
    背景のボケがあまりにも完璧で。

    鳥さんとは関係ないのですが、ズッキーニのオーブンで焼くレシピ
    やってみました。ソースは手抜きで市販のものを使ってしまったのですが
    ズッキーニのスティック好きなものでして(笑)
    揚げるよりヘルシーですよね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. shidekuboさん、お見事!ネブラスカで正解です。
      ネブラスカって乾いた大地というイメージでしたが、この記事の最後のネブラスカ写真に写っている風車、実は地下水を汲み上げるものなのです。これはここだけに地下水があると言う訳ではなくて、ネブラスカの砂の丘一帯にこんな風に至る所に水を汲み上げる風車があるんですよ。目に見える部分のほとんどは砂丘ですが、実は砂丘のごく表面に数インチほどの土が積もっており、おかげで野生の花などが育つのだとか。。。
      砂の層は水を浄化するそうで、おかげで砂の層の下にある地下水はとっても奇麗なんだそうです。なんか、風の谷のナウシカの秘密の地下室みたいな所だな、という印象を持ちました。
      ズッキーニ、お試しになられたのですね!結構美味しいですよね。私もズッキーニ好きなのでこういうレシピがあると嬉しくてつい試してしまいます。

      Delete