Saturday, April 27, 2013

Veery

今日Veery(ビリーチャツグミ)を初めて見ました。
この鳥は冬はブラジルの中央から南部にかけて過ごし、繁殖はカナダ南部からアメリカ北部で行うという、かなりの長距離飛行をする鳥です。ノースカロライナでは渡りの途中でちらっと見られるだけなので、今回見られたのは本当にラッキーでした。情報に寄ると、この鳥は一晩で285kmの距離を、そうして高度2000mを飛ぶ事が出来る強者です。一見すると地味な鳥ですが、そういう背景を知るとなんとも神々しい鳥に見えてしまいます。


今日は庭先を眺めていたら突然2羽の鳥が降ってきました。庭が暗いのはいつもの事なので、画像もイマイチですが見られただけでも十分!!!
 ↑このビリーチャツグミ、顎にダニがくっついてますねー。痒そう。









そして鳥同士お互い見つめ合う事数十秒。絡み合いながら再び空へ戻って行きました。

2 comments:

  1. なにもかもが神々しくて神秘的な登場と去り方で浪漫って感じがします。和名が珍しく素敵で言いづらい所も魅力的。ダニの付いたハチドリならうちに居ますが・・・´д` ;
    Megさんの文章は時に、おとぎ話のような感じなので楽しいです(^-^)

    ReplyDelete
    Replies
    1. luluさん
      こんにちは!ビリーというと、以前新潟に住んでいた頃ですが、新潟の地方コマーシャルでビリーバンバン(と言うバンド名?ダッタカシラ。。。?)が『良寛さん〜、良寛さん〜。。。』という歌を歌っていて、ビリーにはそのイメージがあって何とも微妙なイメージを抱いております^^;
      ダニの付いたハチドリって、ダニ自体がハチドリよりも大きくなりそうな感じですよね〜。ハチドリだとあっという間に体力奪われて危険な感じですね!

      Delete