Wednesday, May 22, 2013

Blue-Gray Gnatcatcher

Blue-Gray Gnatcatcher(ブユムシクイ)はほぼキクイタダキと同じ大きさの極小の渡り鳥です。ちなみにハチドリの方がさらに極小です。ハチドリはさておき、このブユムシクイ、ムシクイという名がつくだけあって、本当にいつでもどこでも動いてばかりでまったくじっとする事がありません。なので、去年は確か一度も撮れなかったように記憶しています。今年も駄目だろうな〜、と思ったら先週末に運良く撮れました。



写真の個体はゲジ眉模様があるので繁殖期のオスです。非繁殖期のオスやメス、幼鳥にはゲジ眉模様は出ません。この眉毛(って、眉毛じゃないですが)、眉間でつながっているので正面から見ても笑えます。

6 comments:

  1. すごいゲジ男さんだこと!!こちらは真冬にしか見れないのでこれだけのゲジ眉は生まれて始めてみました!これは真正面は噴出すレベルでしょうね(笑)とっても可愛いです。しかも、運よく撮れすぎですよ。背景も構図も嘴が開いている所もパーフェクト!
    本館、かなり放置しておりましたが、最近また復活しました。コメントをして頂くようなエントリーではないので不要ですが、お時間のある時に覗いてやって下さい<(_ _)>

    ReplyDelete
    Replies
    1. luluさん
      そうでしたか、南カリフォルニアではこの鳥は冬鳥なのですね!
      ゲジ眉は正面から見ると西郷隆盛のような風貌になり、さらに面白いです^^
      このときはちょうどランニング中の女性に声をかけられて、特に集中もしていなかったのですが、たまたま我々の目の前に飛んで来てちょっと威嚇鳴き?していたので撮れました!運がいいときにはこういう事もあるんですね〜♥
      本館が定期更新になられたようで嬉しいです。楽しみにしてます!

      Delete
  2. 白くて丸いお腹とか頭の形とか可愛いのに、眉毛で一気にオジサン化して見えるのが残念な鳥さん・・なんて思ってしまうのは、まだまだ愛が足りない証拠ですね^^; 繁殖期だけに出るということは、雌には凄く魅力なんだろうなぁと鳥の気持ちになって想像してみました(笑)
    動きが速い鳥をこんなふうに撮れるなんて、megさんの反射神経も凄い!

    ReplyDelete
    Replies
    1. kさん
      この鳥、眉毛がないと逆にシンプルすぎて陰が薄いので、ゲジ眉があるくらいでちょうど良いのかもしれません^^;。ルリツグミとかは青の鮮やかさとかで魅力を感じるんだろうな〜って人間の我々にも何となくわかりますが、このブユムシクイは完全にコミカルな路線を行ってますからね〜(といっても完全に人間目線ですが^^;)。
      撮れたのは完全に運です。去年は何十倍も努力したのに撮れませんでした〜^^;

      Delete
  3. ぬお~。正面顔が見たくてたまりません。
    横顔だけでも十分魅力的だけど。
    疲れたオットに無言でこの写真見せたら、一気に元気になってました。
    ブユムシクイの雌だけでなく、人間の雄にも魅力的みたいです。
    ほんと色とかシルエットは愛くるしいのに変な鳥。
    そういう意味ではハチドリに近い立ち位置でしょうか♪
    ラッキーだったとしてもこうばっちり撮れるなんて、megさんやっぱりすごいです。
    次回を期待してしまいます♪

    ReplyDelete
    Replies
    1. めるさん
      ぬお〜っと悶えて頂き光栄です^^
      正面顔、ほんっとに面白可愛いんですが、写真に撮れるほど運は回ってこない様です。。。
      鳴き声が私にはサザエさんのタラちゃんが『バーバ』って言っているよう聞こえるんですが、それもまた可愛くて。
      お疲れのご主人様には『ファイトぉー、一発、ブユムシクイ!!!』とお伝えください。

      Delete