Wednesday, May 15, 2013

Indigo Bunting and Eastern Bluebird update

NCでは最近になって、春らしく暖かい日が続くようになりました。Indigo Bunting(ルリノジコ)もしばらく前にNC入りしていたものの全く元気がなく、毎年この時期ルリノジコの歌声でにぎやかな原っぱは閑古鳥も寄り付かないくらいシーンとしていたのですが、先週末にやっと活気が出てきた感じです。

普段は警戒心が強くて人間の気配がすると遠くに飛んで行ってしまう鳥なのですが、オス同士で縄張り争いに精を出しているときは、トレイルにたっている私の真横や真上をものすごい勢いで弾丸のように通り抜けて行きます。そして飛ぶのに疲れると枝で一瞬休んでまた追いかけるという、ちょっと忙しい状況のなかで今回の写真を撮りました。






ゆっくりポーズ撮っているように見えるけど、一瞬の出来事です。こんなに近くでしかも逆光じゃなくて、こんなポーズをとってくれる事は多分今年はこれで最後でしょう。。。


こちらは電線の上のルリノジコ。インディゴブルーががいい感じですよね。


ちょっと休憩で道端のお花。綺麗だったのにこの日の夕方全部刈り取られてしまいました。。。


そして最後に我が家の巣箱から巣立ったルリツグミの近況です。雛4羽は元気一杯で自分で餌探しの真似事をするようになりました。真似事をしつつ、たまにまぐれでイモムシを見つけたりしてます。でもまだまだ皆お父さんに甘えています。お父さんの背中が綺麗な青で頼もしく見えますね〜。お母さんルリツグミは第2弾の卵を温め中で最初の子達の事はお父さんに任せっきりです。


2 comments:

  1. ルリノジコたち、お仕事で忙しい中写ってくれてありがとう。写真だけ見ているととてものどかな雰囲気に見えるけど、実際は(megさんも)汗汗って感じなのですね。いつも思うけどmegさんのコメントでそんな状況を想像できるのも楽しいです。
    ルリノジオ、じゃなくてルリノジコって、絵本に出てくる青い鳥のイメージそのままです。つぶらな瞳がまた近寄りがたく余計に。
    一方、ルリツグミのお父さん、背中に疲れが(笑)。世話の焼ける雛にやれやれってところでしょうか。でもがんばっててえらい。
    お花、変わった形の花びらとブルーの濃淡が素敵♪なのに刈られちゃったのね(涙)

    ReplyDelete
    Replies
    1. めるさん
      そうですね〜、鳥は縄張り争いに一生懸命な感じで私は焦りまくりで挙動不審って感じでしょうか^^;
      野路男(実際に瑠璃野路子と書くらしいです)さんって、和名がまた純朴な感じでいいですね。本に出てくる青い鳥だと私はどちらかと言うとのほほーんとしたルリツグミを想像してしまうんですが、野路男がモデルだとかなり激しい青い鳥になりそうです。
      お父さん、お母さんに子育てを任されいつも4羽のひなに絡まれて大変そうですが、雛達は最近は自分で餌を捕まえられるようになったみたいです。そろそろ第一回目の子育ては任務終わりですかね。。。

      Delete