Saturday, May 18, 2013

Killdeer

Killdeer(フタオビチドリ)は海岸沿いや水辺意外でも生息する様で、先日水場とは全く無縁の駐車場でフタオビチドリの成鳥(両親)と産まれたばかりと思われる雛3羽を見ました。

最初の2枚は両親です。多分一枚目がオスだと思うのですが、間違えていたらごめんなさい。






雛の1羽。ホントにびっくりするくらい小さかったですよ。お尻の羽がホヤホヤなのも可愛いですね!

4 comments:

  1. ああ、キルディール。思い出の鳥です♪私も大学の広場と駐車場でお目にかかりました。しかも巣に気づかず偽傷行動されました。キルディ~~~ルと弱弱しく鳴いてはちらっとこちらの様子をうかがうの、今でもうちの定番の話題です。
    親は模様のせいでちょっと困った顔に見えるのがおちゃめですよね~。雛もちっちゃいのに頑丈な脚のせいで親に負けないくらい走れてかわいいですよね~。久しぶりに実物見れてうれしいです♪

    ReplyDelete
    Replies
    1. めるさん
      この鳥といえばめるさん!キルディール、お届けしました〜!
      とっても水辺の鳥風なのに駐車場に常駐しているところとか、本当に不思議ですよね〜。
      普段車で真横を通り過ぎても全く平然としているのに、いざ目線をチドリさんに向けたら『キルでぃ〜る』鳴き出すと言う。。。^^;
      親鳥もかなり面白可愛い系の顔してますが、雛はサイコーに可愛いですね!2等親のほわほわの産毛ダルマに超頑丈な足というギャップがまた素敵です。しかも写真の子、なんか緑っぽいウロコ風で恐竜みたいですよね^^

      Delete
  2. とてもあどけない表情なのに足だけが大人のような大きさ?
    びっくりです。Killdeerって鳴き声からきているのですか!
    聞いてみたいです。

    最新記事の動画も聞いたことないようなメロディーで
    しっとりと聞かせていただきました~

    ReplyDelete
    Replies
    1. shidekuboさん、こんにちは!
      ホント、雛の小ささにはびっくりしたんですが、それよりも雛の足の大きさにびっくりしました!
      足がメインで胴体はおまけみたいな比率ですよね〜。
      鳴き声は日本人の私には最初、何か別の音に聞こえたのですが、でもこれを最初に聞いた英語圏の人にはKilldeerと聞こえたんでしょうね。それを本で読んで以来、Killdeerと聞こえるようになったので不思議です。

      Delete