Wednesday, January 30, 2013

Pileated Woodpecker

Pileated Woodpecker(エボシクマゲラ)再登場です。この日は結構長い事木を突いていたんですが、殆どの時間私に背を向けて一心不乱に木を突いていたので、ちゃんと顔が見えている写真は思っていた程なくてちょっと心残りです。今回は結構遠かったので全身が入ってます。



以下3枚は同じ枯れ木でのショットです。表情に注目して欲しいのでおもいっきりトリミングしてます。












茶色っぽい血色の悪そうな舌に注目!


トップの写真になっているものは顔がくっきりハッキリ見えたもの。エボシクマゲラの赤い冠羽がカッコ良く写っています(よね?)。

Monday, January 28, 2013

Weekend Birding

先週の金曜日から週末にかけてNCはとっても冷え込みました。雪だったらまだ良かったのですが、なんと霙がざーっと降った後に一気に冷え込んだので、金曜の午後からは外一面氷でした。

ちょっとでも雪が残っているかと期待して土曜の朝に鳥見しましたが、全部氷になってしまい白い所は殆どなく残念。でも、Northern Cardinal(ショウジョウコウカンチョウ)のカップルが留っていた凍った木も中々素敵な感じでしたよ。



こちらのMyrtle Warbler(キヅタアメリカムシクイ)の足元の枝も凍っているのが分かるかしら?


Hermit Thrush(チャイロコツグミ)も真ん丸になりつつ、さらに片足格納。


Yellow-bellied Sapsucker(シルスイキツツキ)はあまり変化なし。常に幹の陰からチラ見です。


Red-bellied Woodpecker(シマセゲラ)オス。若干太めに見える意外は特に変化なし。


Red-bellied Woodpecker(シマセゲラ)メス。電柱を突いていました。そんな鉄骨を突いても何も出てこないだろうと思ったら、次の瞬間どんぐりが出てきました。鉄骨の隙間(がきっとあるはず)が彼女の食料貯蔵庫のようです。


ほかにも沢山見た様な気がします。寒い日の方が鳥が活動的で、見る側としてはこの劇寒の季節は結構楽しいかも。

ところで!昨日ちょうどPileated Woodpecker(エボシクマゲラ)が家の周りの枯れ木を突いていたので、台所から這うようにして表に出た私は枝の間から見える所にスコープを構えてひたすら変な体勢を維持しつつ(むやみに動くと見ているのに気付かれるので)写真を撮っていたんです(おかげで今日は太ももと背中が妙な筋肉痛)。するとどこからとも無く『み』に濁点を付けた様な声で『み”ーっ み”ーっ み”ーっ み”ーっ』と言う声が聞こえてきました。一瞬まさかとは思いましたが、あれは間違いなくAmerican Woodcock(アメリカヤマシギ)の声!!!実際に見た事はありませんが、私にとってヤマシギは見られたら興奮して気絶するんじゃないかという位に憧れている鳥です。しかし『二兎を追うものは...』ではありませんが、過去に同じ様な状況で何度も失敗しているので、とりあえず振り返りたい衝動を抑えつつ、目はエボシクマゲラで耳だけヤマシギに集中しました。American Woodcock様様、今度の週末に是非戻ってきてください。お願いします。

Tuesday, January 22, 2013

Weekend birding

週末に水鳥でも見ようかと近所の湿地に出掛けてみたら、先日続いていた雨と雪解け水のせいなのか、湿地の土手まで水が氾濫しており全く先に進めず断念して家に帰ってきました。あんなに雨が降ったとは思えないんだけど、あの水の量は一体どこから来たのでしょう?謎です。

ということで、水鳥は諦めて我が家の周りの山から小鳥をお届けします。
まずはPine Warbler(マツアメリカムシクイ)


寒いのでヒヨコみたいに丸くなってます。


これは先々週末の写真。丸いヒヨコが枝の上で首を傾げている風で可愛かったのでご紹介。


こちらはMyrtle Warbler(旧Yellow-rumped Warbler、キヅタアメリカムシクイ)の若い個体(多分一年目)と思われます。羽根のお手入れ中でモコモコになってて可愛かったです。





こちらは非繁殖期の成鳥オスです。黒い所が上の個体に比べると、非繁殖期とはいえしっかりハッキリしてますよね。繁殖期になるともっとハッキリして格好良いアメリカムシクイになります。


で、おなじみEastern Bluebird(ルリツグミ)。寒いのでこちらもモコモコに丸まってます。頭がこんもり&もっこりしている所が特に可愛くて好きですね〜。






Sunday, January 13, 2013

Field Sparrow

Field Sparrow(ヒメドリ)はNCでは冬鳥です。数はいますが基本的に臆病で、すぐに草むらの中に隠れてしまいます。

*訂正:NCでは留鳥のようです。ですが、実際には春先から秋にかけて見かけた事はありません。

ヒメドリは何と言ってもこのピンク色の嘴と足が可愛いです。あと全体的に淡い色合いの羽毛も優しげな雰囲気で好きです。






ここ数日とっても暖かくて、日中などは半袖一枚でも十分なくらいでした。せっかくのお天気なので夫とともにトレイル歩き。いい汗かきました^^

Monday, January 7, 2013

Yellow-bellied Sapsucker #2

これまた最近載せたばかりですが、Yellow-bellied Sapsucker(シルスイキツツキ)再び登場です。遠目からだとあまりパッとしないキツツキに見えてしまいがちですが、アップで見るとかなりインパクトのある顔をしています。









写真としては、どれも木の陰からこちらをチラ見しているようなものか、前回載せた様な木の幹から『汁』を吸っている最中のものばかりで、あまり変化のない写真が多いです。そう言った面では、次の写真は少し変わった動きかも?
足が上がっているだけで実はあまり変化が無かったりする。。。


ちなみにこちら幼鳥。頭頂部にほんの少し赤い羽毛が見え始めています。他のうるさいキツツキと違って、基本的に殆ど鳴かないもの静かなキツツキなので、成鳥オスでも結構見つけるのが大変なのですが、赤い羽毛がないとさらに大変です。

Friday, January 4, 2013

Brown Creeper #2

つい先日登場したBrown Creeper(アメリカキバシリ)ですが、年末のお休み中にちょっと可愛い写真が撮れた(ような気がする)のでご紹介。といっても、今回もちゃんと顔が撮れたのはこの奇跡の一枚しかありません。



真っ白なおなか、チョコレート色の背中に綿雪のような白いつぶつぶ模様、私の『地味ラブ♥心』をくすぐります。

普段は大抵こんな感じ。木にへばりついて向こうを見つつ、高速で木登りしていくものばかり。。。


Wednesday, January 2, 2013

Pileated Woodpecker

数日前の大晦日。
少し遅いクリスマスプレゼントがやってきました。しかも羽根つきで自ら飛んできました。といってもほんの10秒足らずのプレゼントでしたが。

Pileated Woodpecker(エボシクマゲラ)はごくたまに我が家の周りで見かける程度で、最後に見たのはいつだったか。。。今回の大晦日にやってきたプレゼントはこのエボシクマゲラ。私が一番好きなキツツキです。手前に沢山枝があるので結構身体に被っちゃってますが、顔が写っているので気にしない事に。。。



この木のくぼみにたまった水を2−3口飲んで次の枝へさっさと飛び去りました。


正面顔は意外と細いです。

Tuesday, January 1, 2013

Happy New Year


明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします。
(写真は我々のクリスマスカード兼年賀状です)