Friday, May 31, 2013

Fawn

先週末の事ですが、私が原っぱで野鳥を観察しているときの事。じーっとスコープを覗き込んでいたので周りはあまり見えていなかったんですが、ふと、どこからかフガフガいう変な音が聞こえてきました。何かと思って視線をそちらに向けたら、なんと!!!かわいいかわいい子鹿ちゃんがこちらに向かってヨチヨチ歩いてくるではありませんか〜!


近過ぎたのでデジスコじゃ無理だろうと思って、カメラをスコープから離して撮ったら意外にも豆粒大にしか写らず。。。


なので、カメラをスコープに付けて撮ってみたら、今度は大き過ぎ。


足はどうしても入らず断念。背中の水玉模様や、あどけない表情がほんっとに可愛いですよね!


この後、向きを変えてヨチヨチと森の方へ歩いて行きました。お母さん鹿はどこにいたんだろう?

Sunday, May 26, 2013

Common Yellowthroat

Common Yellowthroat(カオグロアメリカムシクイ)

今年のオスは喉から胸にかけての黄色い部分の面積が例年より少なく感じます。気のせいかなー。






こちらメス。渋い色合いです。


バッタの足を全部取り除いてから食べる様です(雛に与えていると思われます)。





最後に動画をどうぞ。ちょっと儚げな鳴き声が可愛いですよ。動画右下のHDマークをクリックしないと酷い画像ですのでご注意を!



Wednesday, May 22, 2013

Blue-Gray Gnatcatcher

Blue-Gray Gnatcatcher(ブユムシクイ)はほぼキクイタダキと同じ大きさの極小の渡り鳥です。ちなみにハチドリの方がさらに極小です。ハチドリはさておき、このブユムシクイ、ムシクイという名がつくだけあって、本当にいつでもどこでも動いてばかりでまったくじっとする事がありません。なので、去年は確か一度も撮れなかったように記憶しています。今年も駄目だろうな〜、と思ったら先週末に運良く撮れました。



写真の個体はゲジ眉模様があるので繁殖期のオスです。非繁殖期のオスやメス、幼鳥にはゲジ眉模様は出ません。この眉毛(って、眉毛じゃないですが)、眉間でつながっているので正面から見ても笑えます。

Monday, May 20, 2013

Acadian Flycatcher

Acadian Flycatcher(ミドリメジロハエトリ)はNCでは夏鳥です。大きさは頭のてっぺんから尾羽の先まで15センチ位と小さめですが、越冬の地は南アメリカ北部なので、結構な距離を移動してくる鳥です。この鳥は生い茂った森林を好むので写真撮影には苦労します。

和名は長くてちょっと派手風なのですが、実際の見た目はかなり地味です。








最後に鳴き声の動画もありますのでお時間のある方は是非!動画右下のHDマークをクリックしていただくと少し奇麗な画質で見られます。



Saturday, May 18, 2013

Killdeer

Killdeer(フタオビチドリ)は海岸沿いや水辺意外でも生息する様で、先日水場とは全く無縁の駐車場でフタオビチドリの成鳥(両親)と産まれたばかりと思われる雛3羽を見ました。

最初の2枚は両親です。多分一枚目がオスだと思うのですが、間違えていたらごめんなさい。






雛の1羽。ホントにびっくりするくらい小さかったですよ。お尻の羽がホヤホヤなのも可愛いですね!

Wednesday, May 15, 2013

Indigo Bunting and Eastern Bluebird update

NCでは最近になって、春らしく暖かい日が続くようになりました。Indigo Bunting(ルリノジコ)もしばらく前にNC入りしていたものの全く元気がなく、毎年この時期ルリノジコの歌声でにぎやかな原っぱは閑古鳥も寄り付かないくらいシーンとしていたのですが、先週末にやっと活気が出てきた感じです。

普段は警戒心が強くて人間の気配がすると遠くに飛んで行ってしまう鳥なのですが、オス同士で縄張り争いに精を出しているときは、トレイルにたっている私の真横や真上をものすごい勢いで弾丸のように通り抜けて行きます。そして飛ぶのに疲れると枝で一瞬休んでまた追いかけるという、ちょっと忙しい状況のなかで今回の写真を撮りました。






ゆっくりポーズ撮っているように見えるけど、一瞬の出来事です。こんなに近くでしかも逆光じゃなくて、こんなポーズをとってくれる事は多分今年はこれで最後でしょう。。。


こちらは電線の上のルリノジコ。インディゴブルーががいい感じですよね。


ちょっと休憩で道端のお花。綺麗だったのにこの日の夕方全部刈り取られてしまいました。。。


そして最後に我が家の巣箱から巣立ったルリツグミの近況です。雛4羽は元気一杯で自分で餌探しの真似事をするようになりました。真似事をしつつ、たまにまぐれでイモムシを見つけたりしてます。でもまだまだ皆お父さんに甘えています。お父さんの背中が綺麗な青で頼もしく見えますね〜。お母さんルリツグミは第2弾の卵を温め中で最初の子達の事はお父さんに任せっきりです。


Wednesday, May 8, 2013

Wood Thrush

雨続きであまり鳥見に出掛けられていないのですが、先日家の周りでWood Thrush(モリツグミ)の声を聞きました。歌声がとんでもなく面白くて可愛くて最高!大好きな夏鳥です。見た目は地味なんですけどね。

ちなみに冬場はコスタリカを始め、中央アメリカの国々で過ごします。











こちらが可愛いくて面白いモリツグミの鳴き声です。1分くらいの動画なのでボリュームマックスで是非見てください!いや、絶対見て!!!(注:オチはありません)





Monday, May 6, 2013

Rainy Weekend again....

この週末は、というかこの2週間ほぼ毎日冷たい雨が降り続けていて、ほんっとにうんざりしてます。去年や一昨年の5月は既に半袖でも汗ばむ位だった様な気がするのですが、今年は変!今週末なんか鳥を見に行くときに、ダウンジャケット、ニットキャップ、手袋着用しました。。。野原も森もしーんとしていて、何とも悲しい!!!

曇天の森の中はデジスコには最悪でいい写真が撮れないのは仕方ないですが、もう2週間近く最高の時期を逃していると思うと。。。涙が出そうです。どれも暗くて遠いですが、今週末に見た夏鳥の一部をご紹介。

 Wood Thrush(モリツグミ)


Great Crested Flycatcher(オオヒタキモドキ)


Indigo Bunting(ルリノジコ)

Friday, May 3, 2013

Black-and-White Warbler

Black-and-White Warblerは和名もそのまんま、シロクロアメリカムシクイです。NCでは夏鳥です。冬はフロリダ最南部から中央アメリカ、そして南アメリカ再北部で過ごします。

見たまんまの名前のアメリカムシクイ、先週末に一枚だけですがアップ写真と撮れました!木の皮と身体の模様が被っていてあまりぱっとしませんが、アメリカムシクイのコレクションが増えて嬉しいです!


この春は寒い日が多いのと、天気もぱっとしない日が多いのとで、イマイチ鳥見を楽しめていません。しかも、私がよく行く野原(毎年沢山の鳥が営巣する草地)のちょうど良い高さの若い木などが、冬の間に全部根こそぎ刈り取られてしまったので、ルリノジコを始めとする木の上で歌う鳥がいつもより見つけにくい感じです。

Wednesday, May 1, 2013

Summer Tanager and Eastern Bluebird update

Summer Tanager(ナツフウキンチョウ)のオス。頭の先からお尻の下、尾羽の先まで全部真っ赤です。目の脇の剥げてるトコロがちょっと惜しい!今年はまだメスを見ていません。来てくれるかな。




こちら週末のEastern Bluebird(ルリツグミ)の雛とお父さん。雨で寒い日だったからか、4羽の雛は高い木の上でおしくらまんじゅうをするかの様に固まってます。両親が餌を運んでいく回数が減りました。もうすぐ自分で餌を捕まえる練習を始めなければなりません。ところで、お母さんは第2弾の巣作りを今朝から始めています。この場合、雛の面倒はもっぱらお父さんが見る事になって、お母さんは次の巣に集中するようになります。