Sunday, April 13, 2014

White-eyed Vireo

White-eyed Vireo(メジロモズモドキ)も渡ってきました。この春は葉っぱが芽吹くのが遅いので2枚目の写真はちょっと寂しい感じです。






4 comments:

  1.  こんにちは。 初めてコメントします。 私、今、作品展示に向けて、鳥のカラーリングで洋服を縫っているのですが、先日、ジャケットとタンクドレスで、ルリツグミのセットアップを作る際に、参考になるような写真を探していて、Megさんのブログを見つけました。 

     綺麗な写真がたくさんあって、とても参考になりました。 いつも写真がとても綺麗で、内容も楽しいので、それ以来、毎日拝見しています。 この間、ルリツグミのセットアップが完成して一段落というところなので、一言お礼をお伝えしたくて、初コメントしてみました。

     私も、鳥を見るのが大好きなので、これからも楽しみにしています。

     (人生初のコメントで、プロファイルの選び方がよくわからず、ひとまずAnonymousにしてみました)

     日本、千葉市 田中より

    ReplyDelete
    Replies
    1. 田中様
      こんにちは、初めまして。こちらこそわざわざコメントを残して頂きありがとうございます!
      日本に在住されているのにルリツグミをご存知なのにはびっくりしましたが、それだけルリツグミの可愛さが世界中に浸透していると言う事でしょうか。何となく嬉しい気持ちになってしまいます。
      ルリツグミのセットアップ、どんな作品なのかとても興味があります。ルリツグミがそこかしこにちりばめられているのか、はたまたルリツグミの瑠璃色とお腹のオレンジがかった茶色が着たときに全体で鳥に見えるようになっているのか。。。まさかイモムシくわえたお母さんルリツグミがドレスに居ることはないでしょうけど。
      今年も雛が孵って今日で4日目です。今夜から明日にかけては霜が降りる予報も出ているので若干心配ですが、そのうち可愛い雛を含めたルリツグミ一家の写真もご紹介できればと思います。

      Delete
  2. はっ!そうでした。ルリツグミはアメリカの鳥ですものね。
    もしかしたらご存じかもしれませんが、日本では、1年くらい前だったか…「世界の美しい鳥」という写真集が出版されてスマッシュヒットになっています。ライラックニジブッポウソウが表紙になっていて、その姿のあまりの綺麗さに、みんなびっくりして、そんなに鳥好きじゃなかったはずのひとまで、ついつい買ってしまったみたいです。ぼくも本屋さんで見つけて即購入したのですが、中でもルリツグミが、姿かたちが美しくてすっかり気に入ってしまいました。
    セットアップは、胸のところだけオレンジがかった茶色にした白いワンピースの上に瑠璃色のジャケットを羽織って、全体でルリツグミの配色になるようにしました。(イモムシはいないんです♪)
    できることなら、画像を見ていただいて感想をお聞きしてみたいところなのですが。
    次の作品、新しい写真を見て、この鳥なら思い当たる生地でうまくできるかも…とアイディアが浮かんだので、メジロモズモドキのセットアップにしようと思って、今日、あちこち歩き回って生地を買ってきました。珍しい生地が見つかって、自分でも仕上がりが楽しみです。
    日本は桜も終わってポカポカ陽気ですが、NCはまだ寒いのですね。お体に気をつけて。

    田中

    ReplyDelete
    Replies
    1. 「世界の美しい鳥」は日本に在住の素敵な方から頂いて実は手元にあります。言葉少なめで純粋に鳥の奇麗さを楽しめる本ですよね!ルリツグミに限らず身近な鳥も結構載ってますが、やっぱり飽きる事なく奇麗だな〜と思います。個人的に大好きなのはワキチャアメリカムシクイです。ツツジの花のさく山の斜面で歌う姿といったらもう、鼻血なしには見られません。
      メジロモズモドキデザインのセットアップはかなりコアな印象ですが(日本在住でこの鳥をご存知の方はかなりレアだと思います)優しい黄色と淡いグレーが春らしい印象になるそうですね!今回の写真では背中が写っていないのですが(過去写真では写っているものもあります)背中はオリーブグリーンでコレまた素敵です。

      Delete