Sunday, October 31, 2010

Happy Halloween

My friend and I made these Jacks o' Lantern when she was in NC. They look really great, don't they? My friend made the one on the left. I wished I had another one with hummingbirds ....

じゃん!今年のかぼちゃのランプです。友人が来ているときに一緒に作りました。左が友人作、右が私。どっちも可愛いですよね^^ もうひとつおまけでハチドリのデザインを作ればよかった。。。来年はハチランプですな。



これはおまけ。今週見たPalm Warbler(ヤシアメリカムシクイ)。まん丸になって草むらのなかで寝ていたところを激写。可愛すぎるヤシさんです。

Thursday, October 28, 2010

Wood Duck

今日ご紹介するのは(紹介するといっても超有名な鳥ですが)Wood Duck、和名アメリカオシドリです。




アジア方面で見られるMandarin Duck(いわゆるオシドリ)と親戚にあたる鳥ですが、名前の通りオスとメスがつがいになって仲良くする事で有名です。オスの見た目はアジア方面が暖色系でキュートなのに対して、アメリカのは寒色系が多くてすこしクールな感じでしょうか。メスはアジアとアメリカ、どちらも似通っています。




ご覧のとおり、オスとメスが仲良し。。。



。。。と思ったら、その脇で怪しげな2羽のオスを発見。
『イチャイチャ♪』『イチャイチャ♡』


どこに行くにも2羽は一緒。。。心なしか右側のオシドリ、ものすごい得意げな笑みを浮かべています(?)



『ついておいで〜♪ アハハ〜♪』『ウフフ〜♡』
ルンルン♡


綺麗すぎるオスが2羽。なんだか微妙な空気が漂う光景です。


やはりここはアメリカ。鳥の世界も色々進んでいるのかもしれません。

Tuesday, October 26, 2010

Weekend birding

先週末、そろそろ時期がきたかなー、と思ってお気に入りの湿地へ行ってみました。時期というのは。。。そう!Red-headed Woodpecker(ズアカキツツキ)が活動的になる時期です。ズアカキツツキはNCには一年中居るとされてはいますが、実際に夏場に見かける事は殆どなく、多分その間はもう少し過ごしやすい北の方に行っているのではないかと。秋も深まって木の葉も落ちてくる頃にまた戻ってくる様です。


こちらが先週末に見た1羽。まだ若い個体のようで、頭の赤い毛にグレーのおこちゃまの毛が混ざっていますねー。冬になると、ちゃんと生え変わって素敵な真っ赤な頭になると思われます。ちなみにこのキツツキは写っている枯れ木のスキマにドングリを一生懸命隠していました。この木の他にももっと沢山の貯蔵穴があるみたいです。
まだ数がそんなに居ないのですが、そのうちもう少し増えてくれるかなー。なんて期待しています。


そして湿地と言えばこの鳥、Red-winged Blackbird(ハゴロモカラス)です。湿地には必ずと言っていいほどの鳥だそうですが。。。実は私、お気に入りの湿地で見たのは初めてです。こちらはオスですが、もうハゴロモは消えちゃったみたい。。。(繁殖の時期はそれはもう、すごく綺麗な朱色のハゴロモを羽にくっつけてます)

失礼いたしました。↑は誤情報です。ハゴロモカラスは羽の生え変わりで見た目が変わることはないそうで、この写真のオスは若い個体のようです。


こちらメス。メスは1年中こんな感じ。


なんだかずらっと可愛かった。ちなみにハゴロモ(♀)の隣の木にある穴はズアカさんの第2貯蔵庫です。


こちらはオウゴンヒワ。American Goldfinch(オウゴンヒワ)もハゴロモさんのオスと一緒で、鮮やかなレモン色の羽色が消えちゃってました。なんてまー、地味な見た目になってしまったの!
皆さんこぞって冬支度ですね。

お天気もよく、湿地の端では小さな亀が甲羅干し。4匹目が重なっていなくて残念。これ、先頭の1匹は殆ど日光が当たってない気もしますが。。。

それにしても亀をデジスコで撮るって。。。

今週末はどこに出かけようか。

Sunday, October 24, 2010

Hooded Merganser

先日訪れたSylvan Heightsにて見た鳥の続きです。
今日は私の憧れの鳥のうちの一つ、Hooded Merganser(オウギアイサ)です。今年の3月以来見ていなかったので7ヶ月ぶりです。もっともこの子達はここに1年中いるので、会おうと思えば会えたのでしょうけど。

さすがに場所が場所なので、いい景色と共に~、ってのが無理なので、今回は大きなお顔を楽しんでください^^



頭ぺったんこバージョン。



こちら、お目当てのメスを見つけたときにするディスプレイです。冠羽を全部立たせて立派な「オウギ」を見せつけつつ・・・首をみょーーーんと伸ばします。



伸ばしたあと、首を元に戻しつつ・・・



変な声でシャウトします。



「ごぉぇえ”え”え”ぇぇぇーーー」
みたいな?

そのときに首がガクガクブルブル震えていて、なんだかうまく写真が撮れませんでしたー。

目の前でディスプレイされて、またしても恋に落ちてしまったのでした(私がね^^)。


つづく

Friday, October 22, 2010

Birding at Mason Farm

先週友人と行った野原で見た鳥達です。
今の時期野原は本当に静かで、『冬がくるんだな〜』と感じさせてくれますが、それでもまだGray Catbirdなど夏鳥がウロウロしていたりもしました。

鳥の前に蝶。普段虫を撮らないんですが、虫好きの友人につられて蝶を撮ってみたり。。。見てないと気付きませんが結構いっぱい居るもんです。ちなみにこの蝶の名前は。。。忘れました^^;


おなじみDowny Woodpecker(セジロコゲラ)が一生懸命枯れ木に穴を掘っていました。巣にするにはちょっと細すぎですねー。



こちら初登場の鳥です。開けた場所にはいなくて、大体木が生い茂った森の中にいます。見た瞬間はWood Thrush(モリツグミ)かな、とか思いましたが図鑑で見たら全然違ってました^^;

Hermit Thrush(チャイロコツグミ)かSwainson's Thrushで迷っているところです。
Hermit Thrushにある白いアイリングがないし。。。でもSwainson's Thrushのようにbuffな色の顔をしていないし。。。若干目の周りに白っぽい生え変わりの毛があるからHermit Thrushですかね?というように見た目で区別をつけるのは若干厳しいんですが、鳴き声からすると多分Hermit Thrushだと思います。↓拡大図ですが、カメラをズームしただけで鳥が動いていないので、あまり拡大図の役目を果たしていない。。。^^;


こちらおなじみEastern Bluebird(ルリツグミ)のオスです。今回の背景が深いグリーンで、私個人的にはこういうのが好きです^^





この鳥は地面などにいる虫を木の上から眺めて、狙いを定めて獲物を仕留めます。
今回はなんと!大きなクモでした!なんだか毒がありそうですねぇー。


今週はどんな鳥に出会えるのかな?
それではよい週末を♪

Wednesday, October 20, 2010

Mandarin Duck

We visited Sylvan Heights Waterfowl Park in Scotland Neck during my friend's stay in NC. Sylvan Heights Waterfowl Park is designed to give visitors an unforgettable up-close experience with over 1,500 ducks, geese, swans, and the other exotic birds from around the world (cited from the website). If you love birds and are living close enough, you should visit this place.

先日訪れたSylvan Heights Waterfowl Parkという水鳥のパークにてMandarin Duck、和名ではおなじみオシドリに出会いました。元々は日本などを始めアジア域に生息する鳥なので、こちらで自然に見かける事はまずないので、こういう機会でもないと一生見られない鳥かも知れないのでちょっと嬉しいです。ちなみにこのパークの鳥達は羽根などを飛べないように切ってある訳でもなく、普通に飛べます。もっとも逃げ出さないように上空に網が張り巡らされていますが。

オスのオシドリ。本当に派手派手です。どの部位を見ても本当に素敵な色です。
Male Mandarin Duck


そしてオシドリなだけに早速カップル発見。メスはオスとは違ってとっても地味です。オスがぐいぐいメスに言い寄っている様子。。。
『今夜あたりどうだい、ハニ〜?』
『そうね、いいわよ♡』

とかなんとか言っているうちにオスがメスにのしかかってます^^;
They started mating in front of us ....


オシドリなだけに、押しまくっています(←違う?)。溺れかけみたいな必死のメスの顔が何ともキュートですね♪


Some more birds to come later.
他にも色々鳥を見たのでまた後日ご紹介します。

Monday, October 18, 2010

Belted Kingfisher at Yates Mill Pond

高校時代からの友人が先週NCに遊びに来てくれました。彼女の知り合いの方が私の近所に住んでいて、ぜひ会いましょう!ということでHistoric Yates Mill County Parkで待ち合わせをしました。この場所は1750年代にSamuel Pearsonによって創設され、以降200年以上にも渡ってノースカロライナのWakeカウンティーの水力による製粉業を支えてきました。かつては70以上あった製粉所も、使用できる状態で保存されているのはこのYates Millの製粉所ただ1つで、歴史的にも重要な場所です。1996年にはハリケーンFranによって、池のダムが崩壊し、Mill houseは壊滅的なダメージを受けましたが、その後の修復により復元され現在に至ります。

Yates Mill house and Mill Pond

****************************

皆でMillpondの周りを散策し始めると、さっそく友人が何か発見!
なんと、私がずーーっと見たかった&撮りたかったBelted Kingfisher(アメリカヤマセミ)でした。結構どこにでも居るらしいんですが私にとってはこれが初めてちゃんと見たアメリカヤマセミです。くすんだ青色の頭に背中が魅力です。

Belted Kingfisher








同じ場所の写真しかないんですけど、最後に魚を捕った所を。。。ちょっとブレブレですが、少しヤマセミらしい写真だと思いました。

Belted Kingfisher with a small fish. Too bad this shot is a bit blurry ....

Wednesday, October 13, 2010

Autumn Color at the Mason Farm

春先に木々が芽吹く頃の季節はとても好きですが、秋の紅葉の時季もまた大好きな季節です。ようやく木の葉が赤や黄色に変わり始めました。よく行く野原も秋色に衣替えです。

先日野原を訪れた際には結構な数のルリツグミが居ました。大抵はトレイルから離れた高い木の上に留っていたりして、実際にはよーく見ないと見落としがちだったりします。

Male Eastern Bluebird in autumn color


Fluffy!
モフっとね♪


Female Eastern Bluebird
一番近くまで来てくれたルリツグミのメス。目が大きくて可愛いね。



またメス。オスはどこ。。。?
結局オスはあまり可愛い写真が撮れませんでした〜。

***********************
This is nothing to do with autumn color, but a little squirrel in our backyard eating sunflower seed. It is so small, almost half size of adult squirrel. Squirrels are so cute as long as they don't destroy my bird feeder...
オマケでウチのちびっこリス。ひまわりの種を食べるのにすごい時間かかってます。フィーダーを壊しさえしなければ可愛いんですけどねぇ。。。

Monday, October 11, 2010

Weekend birding at our backyard

昨日に引き続きカステラ2号。。。

カステラ(チャバラ風味、背中にザラメ大目)


なんだかお腹の辺りから卵の良い香がしてきそうです^^


で、そのカステラを狙うカタアカノスリ。
いや、カステラじゃなくて鳩を狙っていたのかも。。。


時々ぎゃーぎゃー騒がしかった鳥が突然しーんとなる事があります。
そういうときに静かに周りを見渡すと必ずどこかでこの目が光っていたりするんですねー。
本当に音もなくいきなり現れたりするので結構こちらがびっくりします。

Sunday, October 10, 2010

Palm Warbler



春の渡りの時期にNCを通過していったPalm Warbler(ヤシアメリカムシクイ)が、今度は越冬の地を目指して南下中にNCに立ち寄ったようです。気持ち春先よりも黄色い部分がくすんでいる感じですが、茶色の頭に黄色いボディと相変わらずカステラみたいな風貌は健在です。ちなみにこの鳥とても小さいので鈴カステラがぴったりかも♪

Wednesday, October 6, 2010

White-breasted Nuthatch and Gray Squirrel

確か去年の今頃、ハチドリが渡ってしまって寂しくなり始めたころWhite-breasted Nuthatch(ムナジロゴジュウカラ)がブログに登場しましたが、今年も再びムナジロさん登場!といっても、新ブログに引っ越してからは初でした。このムナジロさん、「アンアン」または「ヤンヤン」といった感じの鼻づまりみたいな声で鳴きながら木を逆さまに降りてきます。・・・ってそれだけなんですが。すいません、特に面白くもなんともないですねー^^;




こちらおなじみリスですが、いつものリスの半分くらいの大きさで何だかとてつもなく可愛い感じでした。なんですかね、子供でしょうか?心なしか目もとっても素直な可愛い目をしているように見えます。大人はもっとこう、鳥の餌を狙ってギラギラしているの。ま、もっともウチの庭に来ている時点で鳥の餌狙いなのは一目瞭然なんですけどねー。

Sunday, October 3, 2010

Northern "Yellow-shafted" Flicker

今週末はハチドリもほかの夏鳥もみーんなNCからいなくなってしまいました。ガッカリ。せっかく天気もよかったので、Red-headed Woodpecker(ズアカキツツキ)でも探しに行こうかなー、と出かけてみたものの1羽が超高速で逃げ去った後にはぜんぜん現れず。さらにガッカリ。
ガッカリしているととっさの動きについていけず、せっかく見つけたNorthern Flicker(ハシボソキツツキ)もこの枝に留まっているところの写真だけしか撮れませんでした^^;(言い訳~) このハシボソキツツキは北アメリカ全土に広く分布していますが、東と西では微妙に違って、ここ東海岸ではYellow-shaftedと言われる亜種がメインです。東のハシボソキツツキは翼と尾羽の裏側が鮮やかな黄色で、また赤い後頭部が特徴です。オスには黒い髭模様があるのも特徴です。西のハシボソキツツキはRed-shaftedと呼ばれ、赤い後頭部がない代わりにオスの黒い髭の部分が赤い色をしていたり、翼の裏側が淡いサーモンピンク色をしている(?)などと、微妙に違っています。西も東も共通しているのが胸のところの大きな三日月とお腹の水玉模様。これは文句なしに可愛いですー♪