Thursday, December 30, 2010

Winter migrants

今日は仕事がお休みだったので近場の州立公園の池にいってみました。池の70%は凍っていましたが、その池の真ん中辺りでは一部融けたところがあって冬鳥たちが結構沢山いましたよ。

最初の写真にいるのはRuddy Duck(アカオタテガモ)、Ring-necked Duck(クビワキンクロ)、Hooded Merganser(オウギアイサ)、Bufflehead(ヒメハジロ)。NCではいずれも冬の渡り鳥です。遠い・・・。ちなみに手前の水面がへんなところは氷です。



クビワキンクロたち。オスの頭が真っ黒で、さらに後頭部がちょろっと立っているところがキュートですね♪メスはオスのような真っ黒頭でなくて全体的に茶色です。



オス4羽で井戸端居眠り。



こちらヒメハジロ。なぜかオス1羽にメス3羽。彼らの向かって右側の水面は凍ってます。



もしやこのオスはヒメハジロ界のプリンスなのかしら!?私にはどのオスも同じに見えてしまうんだけど・・・。



こちらはNorthern Shoveler(ハシビロガモ)です。英名は嘴がシャベルみたいな形であることからこの名前。ずーっと水の中の頭つっこんでいてぜんぜん出てこなかった・・・。唯一顔を上げてくれたところです。


本当はオウギ君を見に行ったんですが遠すぎて断念。明日は少し暖かくなるようです。今年最後の鳥観察、どこに行こうか。

Tuesday, December 28, 2010

Pine Warbler in the snow

またまた登場のPine Warbler(マツアメリカムシクイ)です。雪が降ったので皆ご飯を探しに我が家にやってきました。ちゃんと数えていませんが、沢山来てくれましたよ。一日中フィーダー待ちの列が木の枝に出来ているくらいでした。外に出る勇気がなかったので、キッチンの窓から撮影してみました。バックヤード側とは異なり、キッチン側はすぐ目の前に木があります。



この写真の子のように、ちょっと色がくすんでいるのがメス。このメスは雪に頭を突っ込んでいた模様。マツアメリカムシクイだけじゃないですが、鳥達は雪をパフパフ美味しそうに食べてました。



こちらオス。色が濃いめです。先日撮ったオスは、直射日光が当たっていたのでうぐいす色の部分が分かり難かったのですが、こんな風に雪の中だと結構ハッキリうぐいす色を主張してます。



雪に埋もれるマツ男。



フィーダー待ちのマツ男。




頭が潰れて変な顔のマツ男。この表情、モーレツに可愛いワ。。。


雪の重みで木の枝がうんと低い所まで垂れ下がっていたおかげで、窓のすぐ近くの枝で鳥達がはしゃいでいるのが見えて、とっても楽しかったです。昨日は日中晴れたので、枝の上の雪はなくなってしまい、枝も元通りの高さに戻ってしまいました。

Sunday, December 26, 2010

White Christmas

昨夜から今日一日にかけて雪が降りました。
予報が出ていたものの、こんなに降るとは!!!




雪にぴったりの鳥、Dark-eyed Juncoです(ユキヒメドリ)です。NCで観られるのはslate coloredと呼ばれる色のパターンで、同じJuncoですがアメリカ国内でも色々色のパターンが異なります。それにしても雪の中でこのユキヒメドリは一段と元気でしたよ。




これは先日とったユキヒメドリ。雪がなくても可愛いけど・・・やっぱり雪があったほうが素敵かな?




意外とシャカシャカ忙しい鳥でした。



道路が大変なことになっています。仕事にいけるんだろうか・・・?

Thursday, December 23, 2010

Happy Holidays!




皆さんにとって素敵なクリスマスになりますように!

Monday, December 20, 2010

Pine Warbler

先日のマツアメリカムシクイですが、家の中から撮るという無謀かつ横着なやり方をしたので、今回は少し気合い(いや、寒いの我慢してホントはすごい気合い)を入れて外に出ました。外に出た分、撮れる範囲が広がりました(当たり前ですー)。



枯れ葉の上をちょんちょん飛び跳ねながら餌を探します。



庭に転がっている岩の上にて。この写真だけ見るとどこかの岩山に住んでいるみたいで、マツアメリカムシクイっぽくないですねー。



ピョコピョコ高速で跳ねつつこちらをチラ見。



直射日光が当たるとこんなに黄色かったんです。まるで春夏に中南米から渡ってくるアメリカムシクイみたい。。。この黄色素敵だと思いませんか?



マツアメリカムシクイは北アメリカ東部の松林に主に生息します。アメリカムシクイというと通常は虫を主に食べますが、このマツアメリカムシクイに限っては大量の松の実を始めとする木の実を消費する事が特徴です。ここNCでは留鳥ですが、一部は春に少しだけ北上します。このマツアメリカムシクイはアメリカムシクイの中で最も早く北上するのも特徴です。この色合いは地面では結構目立ちますが、普段松の木に居たりするときは程よくカモフラージュになって中々見つけ難いんですよ。

Saturday, December 18, 2010

Yellow birds

今日もとーってもよく冷え込みました。朝から空もどんよりで、積もってはいませんが雪もちらほら降っています。寒いので外に鳥を見に行くのはやめました。代わりに庭に来る小鳥を観察してみましたよ。

今回は黄色シリーズで。
まずはYellow-rumped Warbler(キヅタアメリカムシクイ)。小刻みにピョコピョコ動いていて、沢山あったシャッターチャンスをすべて逃した私です・・・




そしてこちらはAmerican Goldfinch(オウゴンヒワ)。冬バージョンで非常に地味になってしまいました。








ほぼグレーか薄茶色で、夏の間の鮮やかな黄色の面影はありませんねー。嘴の色まで地味になっちゃった・・・。オウゴンヒワの右上にすこーしだけ見える黄色い足の持ち主は誰でしょうか?




こちらはPine Warbler(マツアメリカムシクイ)のメス。この鳥もチョコチョコいっぱい動くので撮るのは結構大変です。
一つ前の写真の黄色い足の持ち主はマツアメリカムシクイでした~!

マツアメリカムシクイのオス。オスはとっても可愛い黄色です。背中側はオリーブグリーン風の色合いで、寂しく地味なNCの冬では花形です。足の裏まで黄色で素敵でしょう?




可愛い黄色♪




地面に降りるとそのチョコマカ振りはさらに加速します・・・







このマツアメリカムシクイがフィーダーに来ると、朝ごはんそっちのけで双眼鏡の取り合いをするわれわれ夫婦です。 明日は晴れるといいんだけどなぁ。

Tuesday, December 14, 2010

Carolina Wren



茶色のお腹に眉毛くっきり、チャバラマユミソサザイのチャバラちゃん。

。。。ただそれだけなんですが。

Sunday, December 12, 2010

Eastern Phoebe

今週末は土日両日雨でした。長時間外出できないので、家の周りをうろうろしてみましたよ。

こんなもの発見。松ぼっくりみみえるけど松ぼっくりじゃない。お花のように見えるけどもう枯れてる。分解したら奥のほうから種とか出てくるのかな?不思議な植物ですなー。




緑色ゼロの冬景色とEastern Phoebe。和名がない鳥なのですがタイランチョウ小目のツキヒメハエトリ属に分類されているようです。ハエトリの部分は分かるとして・・・ツキヒメとは!?どこかの時代劇のお姫様みたいな名前ですねー。(最近夫セレクトの黒澤明の「隠し砦の三悪人」、英語タイトル' The Hidden Fortress' を見たばかりなんです)




緑の草原でもしっくり来ますが、この鳥はこういう冬の茶色の景色にもとてもよく溶け込んでいて可愛く見える気がします。

Friday, December 10, 2010

First snow of this winter

先日今季初雪が降りました。
子供の頃は嬉しかったものですが、大人になってから約10年ほど雪国におりましたので特に雪が降っても感動する事はなくなってしまいました。むしろ雪が降っては困ります!!!

降り始めの雪で尻尾が雪まみれになりながらも頑張るリスが可哀想で、ついカエルの皿に鳥の餌を入れてしまう私。。。あまりのがっつき様に、一瞬でも『リスが可哀想』などと思った自分を馬鹿だなと思ったり。。。



翌朝は晴れ。雪が降った日の次の日の朝って一番綺麗ですよね。ここで思い切って鳥撮りに出かけるほどの気力と体力は私にはないんですが。



明るくなると鳥も少し活動的に。




鳥が活動的になるとリスも活動的に。リスさん、あなた少し太りすぎじゃーないですか?


これ、リスのポーズで一番好きかも。(←あ、また甘い!!!)

Wednesday, December 8, 2010

Hooded Merganser #3

さて、今日のオウギアイサはなんともダークな感じで。ちょっと前に朝イチだったら人も居ないと思って出かけてアメリカヤマセミを見た池ですが。。。結論。

『やっぱり、朝早ければいいってもんじゃない』



暗くて訳分かりませんか?真ん中あたりに鳥らしいものが見えるはず。。。



ヤマセミに夢中になっていたら、オウギアイサ達が少し明るい所に出て来たよ!と思ったら、すごい枝がいっぱいある所に移動してディスプレイ始めてました。これでも枝が少なく写っている方ですよー。



うまく撮れない!でもこの笑いを皆さんにお裾分けしたい!ということで、また動画。画面が左右に行ったり来たりしてせわしない動画になってしまっていますが、いくつか笑えるポイントがあるはず。。。私は6秒目辺りの左からシャーっとやってくるオウギ君にKO。あと、22秒目くらいにメスが首をフリフリしている所とか『アンタ、なんか違う。。。』って言っているように見えて笑えます。今週当たりもう一回池に戻ってみようかな、と思っている所(池が凍ってなければ)。

Sunday, December 5, 2010

Red-headed Woodpecker #3

とても寒い週末でした。ということで今年初のスキーウェアの登場です。スキー場が近くにないのでムダになると心配していたスキーウェアもしっかり役目(本来のとは違うけど)を果たしてくれています。

今回はキツツキを見に行きました。葉っぱもいい具合に落ちてくれたので、夏に比べるとグンとみやすくなってます。林の中でぼーっと立っているとRed-headed Woodpecker(ズアカキツツキ)の特徴のある鳴き声があちこちから聞こえてきました。

何かくわえてますねー。木くずかな?この写真だけ見るととっても暖かそうな雰囲気なんですが、実際は氷点下です。









これ、
10月にも登場した枯れ木です。緑色のツルは枯れて冬っぽいイメージになりました。ここはズアカキツツキの大事などんぐり貯蔵庫です。周りをキョロキョロ見渡して・・・

Red-headed Woodpecker Dec. 2010


他の鳥に貯蔵庫がバレないように慎重に・・・




大事な大事な冬のご馳走、どんぐりを取り出します。で、どこかに持っていって食べます。



この後もどんぐりを取り出したり、なぜかもう一回持って帰ってきたり・・・面白い動きを見せてくれたズアカキツツキでした。頭の後ろのちょびっとはみ出た赤い毛が気になります。
Red-headed Woodpecker, Dec 2010

寒いとトイレが近くて困りますねー(山にトイレないし・・・)。冬の朝にコーヒーは厳禁ですねー。そして予報どおり雪が降り始めたので撤収しました。今朝は6センチくらい積もっていたかな?本格的に寒くなってきているNCです。

Thursday, December 2, 2010

One of my favorite marshes . . . .

こちら私のお気に入りの湿地の1つです。ここは家からかなり近いんですが、このポイントに辿りつくのがかなり面倒なので滅多に行きません。Luckyだといろんな水鳥が見られます。そうじゃないときは何も出ません。でも人気のない湿地はしーんと静まり返っていて結構心が洗われたり。。。

この日はunlucky dayでした〜!


湿地なのにHouse Finch(メキシコマシコ)とか。。。
『あたし達、地味子♪よろちくね』


結局水鳥見つからず。。。Red-shouldered Hawk(カタアカノスリ)の若い個体とか。
グレーの舌に注目!

何やら真剣にマシコを物色しておりましたよ。

湿地なので水鳥を見たいと思ってしまう私です。懲りずにまた行くか!?